事業案内
お知らせ一覧
最新ブログエントリ
アクセスカウンタ
今日 : 472472472
昨日 : 859859859
今週 : 1331133113311331
今月 : 7997799779977997
総計 : 816722816722816722816722816722816722
平均 : 228228228
LogCounterX by taquino

ブログ - 最新エントリー

クリスマスツリーでお出迎え 

カテゴリ : 
中央公民館日記
執筆 : 
tyuo 2017-12-12 15:37

          クリスマスツリーでお出迎え                      平成29年12月12日     紫波町中央公民館

 中央公民館の玄関にクリスマスツリーが飾られています。高さ2mもある大きい物で、キラキラ光る色とりどりのモールと電飾の間で、ベルやリボンなどが

にぎやかに揺れています。今日は最高気温が0度。いよいよ本格的な寒さがやってきましたが、公民館ご利用の皆様には、外から入った時にこのツリーを見て、

心と身体を温めてから、それぞれの活動に元気に励んでいただければ嬉しく思います。

            紫波町歳末助け合い演芸会が開催されました                           平成29年12月3日(日)

 年末恒例の紫波町連合婦人会主催、歳末助け合い演芸会が「みんなで明るいお正月を」のキャッチフレーズのもと、中央公民館集会室で盛大に開催

されました。開会行事では、瀬川智子会長から紫波町社会福祉協議会に義援金が贈られました。会長代理の小田中修二事務局長からは、一人暮らしの

お年寄りなど、困っている皆様のために大切に使わせていただきます、とお礼の挨拶がありました。

 この日のために練習をしてきた各地区婦人会と普段からサークルなどで活動を続けている団体が、熱の入った発表を次々と披露していきました。26の

演目があった今年の演芸会は、例年以上に彩りも華やかで、それぞれに見応えのあるプログラムが続きました。出演者は若い会員の方も多く、しっとりと

した演技から、元気いっぱいのはつらつとした踊りまで、改めて紫波町婦人会の年齢層の厚さと団結力の強さを感じることができました。会場いっぱいの

観客の皆様も、切れ間なく感動と励ましの拍手を送り続けました。

 そして26番目の演目は、連合婦人会役員全員による手話の「上を向いて歩こう」合唱と伝統の水戸黄門の寸劇発表でした。笑顔と笑い声いっぱいで

進められた演芸会が、最後まで盛り上がって終わりました。


 

          POP入賞作品図書館展が始まりました               平成29年12月5日(火)   紫波町中央公民館

 今日から12月15日(金)まで、紫波町図書館でPOPコンクールの入賞作品展が開かれています。場所は、図書館に入ってすぐ左側。今回も図書館の

協力をいただいて、POPに書かれた本が一緒に並べられています。POPを見ながらその本を手にとってみると、自然に読んでみたいという気持ちが湧い

てくると思います。ぜひ、たくさんの本に囲まれた図書館で、POPの楽しさ、本の楽しさを感じ取って下さい。展示時間は、図書館の開館時間と同じですが、

最終日だけ午後3時迄となっています。

書きくけコンクール参加者募集中

カテゴリ : 
中央公民館日記
執筆 : 
tyuo 2017-12-5 15:46

              書きくけコンクール参加者募集中                      平成29年12月5日  紫波町中央公民館

 3回目となる「紫波町まるごと書きくけコンクール」の参加申し込み受付が始まっています。このコンクールは、次の2つの目的で始められたものです。

 1つ目は、日本の伝統文化である書道に気軽に親しんでもらうことです。パソコンやメールなどの普及で、手書きの文字を書く機会が少なくなっている現在、

ましてや筆と墨で文字を書く機会は、殆どなくなってきています。初心者には、書き始める前に筆の持ち方、基本的な筆の運びなどを講師が指導します。上手

に書くよりも、書いた人の気持ちや持ち味を伸び伸びと表してほしいと願っています。

 2つ目は、紫波町の豊かな産業・自然・歴史などに関心をもってもらうことです。毎回テーマを決めて、それにまつわる言葉を書いています。1回目は「ぶどう」、

2回目の昨年は「国体自転車競技」、そして3回目の今回は、下のポスターのとおり「じゃがいも」です。じゃがいもは100種類以上もあるそうですが、書でも一人

一人の味わいを存分に出してほしいと思います。

 当日は、書き初め用紙を用意します。普通の半紙をタテに3枚つないだ位の大きさがありますので、太い筆で思い切り表現することができます。小学生には、

冬休みの宿題にもなると思います。紫波町教育委員会の主催で、小学校低学年から一般の部までの5部門に分けて審査をし、入賞者には賞状と記念品を贈呈

します。1年の始めに、それぞれの思いを書に込めてみませんか。家族・友達等でお誘い合わせの上、お気軽にご参加下さい。

展示部門の表彰式開催

カテゴリ : 
中央公民館日記
執筆 : 
tyuo 2017-12-4 16:45

           展示部門の表彰式開催                         平成29年12月4日      紫波町中央公民館

 先月始めに行われた紫波町芸術祭展示部部門の表彰式が、1日(金)に中央公民館研修室で開催されました。現在、展示部門の中で審査を行っている

部門は、俳句・短歌・川柳・盆栽の4部門です。長い時間をかけ、心をこめて制作した受賞者の作品は、それぞれに個性と表現の深みを感じさせる優れた

ものでした。受賞者には、紫波町芸術文化協会の菊池一政会長から賞状が手渡されました。文芸部門の入賞作品は次のとおり、盆栽部門は写真と一緒

にご紹介します。受賞者の皆様、おめでとうございました。

 俳句の部

   芸術祭賞 「戦国の 敵も隣に 菊花展」      久慈さち子さん

   優秀賞  「鳥渡る 地球の痛み そちこちに」   久慈さち子さん

      奨励賞  「鮭颪 飯場の屋根に 石載せて」   工藤享志さん

 短歌の部

   芸術祭賞 「まれまれに 青葉のままに 散る朴葉 早く逝きたる わが子を思ふ」   八重島勲さん

   優秀賞  「山水に 恵まれたりし 町なれど  若き等ふえず  老人多し 」        大村泰子さん

   奨励賞  「われにまだ 遊行のこころ 残りゐて 彼岸花咲く 畦道をゆく」        盒供〔个気

川柳の部

   芸術祭賞 「ほどほどの リズムで有りの 儘生きる」     漆沢サダさん

   優秀賞   「しっかりと 明日のいのちの 水を汲む」     柳澤君子さん

   奨励賞  代表句「あせをかき しごとをしている おとうさん」 水分小学校 代表 生内果穂さん

            小中学生作品展が終わりました                  平成29年11月28日     紫波町中央公民館

 第51回紫波町芸術祭の最後の部門、小中学生作品展が終わりました。中央公民館集会室に並べられた約500点の絵画・書写・立体などの作品は、

各小中学校で選ばれただけあって、魅力のある作品ばかりでした。学校の授業で時間をかけて、ていねいに表現した作品からは、子ども達がそれぞれ

輝きのある色に変わりつつあることを感じました。

 最後に、サトーハチローさんの詩を紹介して、今年度の芸術祭の幕を閉じたいと思います。発表して下さった皆様、お忙しい中見に来て下さった皆様に

心から感謝を申し上げます。

     美しく自分を染め上げてください           サトーハチロー

 赤ちゃんのときは白 誰でも白 どんな人でも白   からだや心が そだっていくのといっしょに

 その白を 美しく染めていく 染めあげていく   

 毎朝 目がさめたら きょうも一日   ウソのない生活を おくりたいと祈る

 夜 眠るときに ふりかえって   その通りだったらありがとうとつぶやく

 ひとにはやさしく 自分にはきびしく   これをつづけると 白はすばらしい色になる

 ひとをいたわり 自分をきたえる   これが重なると 輝きのある色になる

 なにもかも忘れて ひとのために働く   汗はキモチよく蒸発し くたびれも よろこびとなる

 こんな日のひぐれには 母の言葉が耳にすきとおり   父の顔が目の中で ゴムマリみたいに はずむ

 生まれてきたからには よき方向へすすめ   からだや心を大きくするには よき道をえらべ

 横道はごめんだ おことわりだ   いそがずに ちゃくちゃくと

 自分で自分を美しく より美しく 染めあげて下さい

 

            新たにピアノが設置されました             平成29年11月24日  紫波町中央公民館

 中央公民館には、今まで講義室にアップライト、集会室のステージにグランドの2台のピアノがありましたが、この度、2階の研修室にさらに1台の

アップライトピアノが設置されました。写真のとおり、町内の施設で使用していた古いピアノではありますが、きちんと毎年調律している音の良いヤマ

ハ製のピアノです。音楽活動が活発な紫波町の愛好家の皆様に、合唱や楽器演奏などでお気軽にご利用いただきたいと思います。もちろんピアノ

の利用は無料です。予約等のお問い合わせは、紫波町中央公民館(筍娃隠后檻僑沓押檻械械沓押砲泙任寄せ下さい。

 いよいよ明日から今年の芸術祭をしめくくる小中学校作品展が始まります。多くの皆様のご来場をお待ちしています。

 

紫波町の花鳥木をご存じですか?

カテゴリ : 
中央公民館日記
執筆 : 
tyuo 2017-11-22 13:38

          紫波町の花鳥木をご存じですか?                     平成29年11月22日    紫波町中央公民館

 紫波町は自然豊かで、身近な所で様々な種類の花や鳥、木を見ることができます。そこで質問。いつも中央公民館のブログを見て下さっている皆様は、

紫波町のシンボルの花や鳥、木が何かご存じでしょうか。答は、下の3つです。今週末始まる紫波町芸術祭「小中学生作品展」の会場において、紫波町の

花鳥木の大きなパネルを展示することになりました。この機会に紫波町の大切な自然を振り返りながら、「ききょう」、「つばめ」、「けやき」について改めて

考えてみてはいかがでしょうか。今年の小中学生作品展には、これ以外にも「POPコンクール入賞作品展」、「紫波っ子サイエンス教室縄文の科学で焼いた

土器」、「楽しく遊べるキッズコーナー」などもあります。多くの皆様のお出でをお待ちしています。

小中作品展へどうぞ

カテゴリ : 
中央公民館日記
執筆 : 
tyuo 2017-11-22 10:50

                小中作品展へどうぞ                  平成29年11月22日   紫波町中央公民館

 今年度の紫波町芸術祭の最後をしめくくる小中学生作品展が、今週末から開催されます。町内全ての小中学校、14校から選ばれた絵画・書道・工芸

などの作品、約500点が中央公民館の集会室いっぱいに展示されます。子ども達の作品と言っても、6才の小学校1年生から、15才の中学3年生では

大違い。作品をとおして成長のステップを感じながら、一人一人の心の世界に触れることができます。そして、それぞれの個性と将来への大きな可能性を

感じとることもできます。会期は11月25日(土)から27日(月)の3日間で、時間は午前9時から午後6時までです。今回出展して下さった児童生徒はもち

ろんのこと、ご家族・ご親戚の皆様、友達、そして昔小中学生だった全ての町民の皆様にご覧いただきたい展覧会です。お誘い合わせの上、どうぞ皆様で

お出かけ下さい。


 

芸術祭の舞台部門が終わりました

カテゴリ : 
中央公民館日記
執筆 : 
tyuo 2017-11-16 13:44

             芸術祭の舞台部門が終わりました                平成29年11月12日(日)     紫波町中央公民館

 今年度の舞台部門は、木村流大正琴千草の会・赤石公民館おどりサークル・紫水会・扇趣の会・範の会・民謡好池会・紫波民踊会・古舘公民館3B体操

サークル・紫波南吟詠会・日詰かじ町踊り子連・日詰公民館二胡教室・志和幸山会・中央公民館民謡教室・紫波吟詠会・日詰公民館大正琴教室あじさい・

紫波竹風会桐の会・藤間流日詰会・紫波中央吟詠会・日詰フラダンスサークル・琴古流紫波尺八同好会・岩月福田会日詰・さんさ好みの22団体が、ステー

ジ上に26演目の花を華やかに咲かせました。

 演奏・歌・踊り・詩吟・体操などの各発表は、殆どが町内の公民館で、この日を目標に練習を積み重ねてきたものです。当日は、総合司会の菊池ひろみさん

の明るく、なめらかな進め方に促されて、どの団体も思い切り、十二分にその成果を発揮しました。終わった後も、中央公民館の集会室には、出演した皆さん

の今回の舞台部門に向けた気持ちが余韻となって残っていました。

 


〒028-3305 岩手県紫波町日詰字下丸森24-2 Tel:019-672-3372 Fax:019-672-6380